twitter_card[:card] /> twitter_card[:site] twitter_card[:url] twitter_card[:title] twitter_card[:description] twitter_card[:image]



薪シェア
薪を余らせたキャンパーと翌日訪れる薪が欲しいキャンパーをマッチングするサービス
シェアリング
薪シェア
薪を余らせたキャンパーと翌日訪れる薪が欲しいキャンパーをマッチングするサービス
シェアリング

サービス概要

※薪シェアとは
楽しみにしていたキャンプ...焚火..ついついこういった経験はございませんか?
・「薪を買いすぎてしまった、まとめて燃やしてしまおう..」
・「薪が余ったけど持って帰れない..廃棄するしかないや..」
・「足りなくなると困るから薪や炭は多めに買っておこう..」
・「もっと焚火を楽しみたかったのに薪が尽きてしまった」

薪シェアとは、今まで廃棄していた薪や炭などを翌日に訪れるキャンパー達に渡すことができる環境に優しいWEBサービスです
このWEBサービスはグッドマナーなキャンパー達によって支えられています
※取引の流れ
①受け渡し日、キャンプ場を指定して、薪をあげる or 薪が欲しい記事を投稿する
②取引相手を選択しマッチング
③受け渡し日当日にキャンプ場に余った薪を置き、場所をコメント機能(写真投稿可)にて連絡する
④チェックインしたキャンパーが薪を受け取る

※ターゲット
・装備をたくさん持てないソロキャンパー(バイクキャンパー、電車&バスを利用するキャンパー)
・自家用車を持っていないキャンパー
・シェアリングエコノミーに興味があるキャンパー
・薪代を節約したいキャンパー
・SNSを利用していてキャンプに関する投稿を頻繁に行っているキャンパー
・近年のキャンプブームでキャンプを始めた、流行りもの、新しいサービスが好きな人
・現地集合、現地解散のようなグルキャン

コメント

このサービスを投稿してくれた人

コメントをするにはログインが必要です。

ログイン / アカウント登録

・キャンプを満喫したいため、薪や炭をついつい多めに買ってしまい余らしてしまい、破棄するぐらいであれば誰かに譲りたい..と思った実体験からこのサービスを思いつきました。
(キャンプ場の売店は、夜遅くまで営業していない為、必要な時に必要な分だけ薪を購入することが難しいという現状があります。)
周囲の人たちにその話をしたところ、薪を買いすぎて余らしてしまったことがある人たちが、ある一定数存在することを実感し、立ち上げを決意しました。