twitter_card[:card] /> twitter_card[:site] twitter_card[:url] twitter_card[:title] twitter_card[:description] twitter_card[:image]



アイカサ
突発的な雨天時などに専用スポットでレンタル・返却できる傘シェアリングサービス
シェアリング
アイカサ
突発的な雨天時などに専用スポットでレンタル・返却できる傘シェアリングサービス
シェアリング

サービス概要

突発的な雨天時などにビニール傘を購入せずに、傘のレンタルができ、雨が上がった際には最寄りの傘スポットに傘を返却して手荷物を減らすことができる傘シェアリングサービス。
盗難防止機能付きの特殊傘にIoTを組み合わせることで街中に複数箇所配置された傘をどこででもレンタル出来て、好きな場所で返せる仕組みを実現している。

2018年12月現在、渋谷を中心に40~50箇所のアイカサスポット(アイカサスポット:傘が借りられる/返せる)が点在しており、1000本の傘が利用可能。

利用には、アイカサLINEアカウントの友達追加が必要で、トーク画面から「傘を借りる」を押すと、最寄りのアイカサスポットの場所と、リアルタイムで傘がどこに何本あるかを検索できる。
そして、傘に貼られているQRコードをスキャンし、スマホ上に表示された解錠番号で傘のロックを解除。
返却の際は、アイカサスポットに設置されている傘立て、もしくは傘立て付近に設置されたポスターに記載された返却コード用のQRコードを読み込むことで返却処理が完了する。

利用料金は、1日70円で何度でも繰り返しレンタル利用できる。また、1ヶ月の間なら6日以上使っても合計420円/月を上限に課金がストップするため、累計利用日数7日目以降は追加料金不要で使い放題となる。

急な雨天時にビニール傘の代替としての利用のほか、電車や屋内で傘を持って歩きたくない、というニーズを満たす普段使いにも適した仕様となっている。

コメント

このサービスを投稿してくれた人

コメントをするにはログインが必要です。

ログイン / アカウント登録