twitter_card[:card] /> twitter_card[:site] twitter_card[:url] twitter_card[:title] twitter_card[:description] twitter_card[:image]



家庭のストック管理アプリ Stocker
定期的に購入が必要な食品や日用品などご家庭のストック品について、消費量と購入サイクルを計算して、補充(購入)が必要なものをリコメンドするアプリです。
ライフスタイル
家庭のストック管理アプリ Stocker
定期的に購入が必要な食品や日用品などご家庭のストック品について、消費量と購入サイクルを計算して、補充(購入)が必要なものをリコメンドするアプリです。
ライフスタイル

サービス概要

定期的に購入が必要な食品や日用品などご家庭のストック品について、消費量と購入サイクルを計算して、補充(購入)が必要なものをリコメンドするアプリです。ストック品の補充は、ホーム画面でストックが少ないものをリスト表示しますので、補充するアイテムを下向きにフリックすれば、購入チェックのリストに追加されます。補充数は、ストックが少ないものをリストからのフリック、購入チェックのリストに追加されたアイテムを下向きのフリックで+1、上向きのフリックでー1できます。購入チェックのリストに追加されたアイテムのクリックで、補充数と購入金額を直接入力できます。購入チェックしたアイテムは、日付がかわる際にストック画面に自動で反映します。すぐに、ストック画面に反映したい場合は、アクションメニューの購入チェック確定処理を実行します。
ストック品の補充は、購入チェックまたは、ストック管理で直接数量を入力することが可能です。消費量は、アイテム管理でストック1つあたりの消費日数または、1日あたりの消費数を入力します。前回の補充または、ストック管理でのストック確認日からの経過日数で、ストック品のストックの消費計算をします。ショップ画面で購入店の位置情報を登録することで、現在位置の最寄りのショップを自動選択し、購入店として記録が可能です。購入履歴画面は、アイテム単位で購入日、購入数量、購入金額、購入店を確認することが可能です。
①ホーム画面
 購入チェック
②アイテム画面
 アイテムの表示、追加、修正、削除(アイテムの画像はスマホ本体にある画像、カメラ撮影が可能です)
③ショップ画面
 ショップの表示、追加、修正、削除(ショップの画像はスマホ本体にある画像、カメラ撮影が可能です、位置情報はスマホ内蔵のGPSセンサーからの登録が可能です)
④ストック画面
 アイテムのストック情報の表示、修正
⑤購入履歴画面
 アイテムの購入履歴の表示、削除
⑥システム画面
 パラメータの表示、修正、削除
 ZOOM(GoogleMapのズーム表示)
 NEARBY(現在位置から最寄りのショップまでの距離)
 TERM(購入サイクル)
⑦アクションメニュー
 購入チェック確定処理
 インポート(アイテム)
 インポート(ショップ)
 バックアップ
 リストア
 背景設定(スマホ本体にある画像を背景として設定が可能です)
 データ初期化

コメント

このサービスを投稿してくれた人

コメントをするにはログインが必要です。

ログイン / アカウント登録

開発した背景としては、買い物で買い忘れや買いすぎが多くて、家庭用の在庫管理システムのようなものが欲しいと思ったことがきっかけです。操作をできるだけ少なくすること、消費と補充の計算は自動でできること、データを共有できることを要件として、開発しました。